~夢工房かしわぎ~快眠ブログ

快適な「目覚め」をお手伝いします 睡眠環境診断士・睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサーの資格を持ったスタッフが快適な睡眠のための寝具選びから眠りに関する情報、当店の活動や、商品や睡眠とは全く関係のない内容も(笑)掲載していきたいと思います

夏の快眠、上手にエアコンを使って快適寝室環境を

夏本番、毎日暑いですね💦

お家の建物の構造や陽の当たり方でエアコンを使わざるを得ない方も多いかと思いますが、エアコンの使い方について。

就寝中にエアコンを使わない方がいいと思っている方も多いかと思いますが、暑すぎる部屋だと、深部体温が下がりづらく、寝つきを悪くする原因になります

f:id:yume-kashiwagi:20170729131552p:plain

窓を開けれて、風通しが良かったりすれば話は別ですが、ご年配の方や窓が開けれない、部屋の通気性が悪い環境の方などにはエアコンを上手く使うことをお勧めします。

f:id:yume-kashiwagi:20170729131445p:plain

残念ながら、近年の夏の暑さや、住宅環境の変化で機密性の高い住宅が増え、あまりにも暑くなってしまうお部屋では温度が上がりすぎてしまうと寝具ではお部屋の温湿度調節はできませんから(当たり前ですが笑)、エアコンなどでのお部屋の温度調節は必須になります。

それでは、エアコンの上手な使い方をご紹介します。 

寝る1時間程度前に部屋を締め切り、25~26℃くらいでエアコンをつけてお部屋の温度を下げておきます。お風呂に入って、吸湿性・通気性の良い、麻や綿100%、もしくは麻混の綿の生地などの天然素材のパジャマに着替えましょう。

f:id:yume-kashiwagi:20170729132635p:plain

お布団やベッドに入るころに低くても28℃、できれば29℃~30℃程度にエアコンの温度設定を変えます。この1~2℃の調節は個人差があるのでいろいろ試してみてください。

タイマーを1時間から2時間程度で切れるようにセットする、体温調節が苦手な方や高齢者の方は、1晩中つけてもいいかもしれません。気温が上がってくる頃の時間帯朝5時前後にまたエアコンが作動するようにタイマーをセット。あとは寝具の使い方、選び方が関わってきますが、それこそ個人差が大きいので、その際は私ども「夢工房かしわぎ」にご相談ください。笑

それと、エアコンを使う際に、ここがポイント!

扇風機を併用し、エアコンの通風孔に向けて風を当ててください!

それによって部屋の中で空気も循環しやすく、体にエアコンの風が直接当たりにくくなり、エアコンによる冷えすぎが防げます。特に1晩中つけなければいけない環境の方などにはぜひ、やっていただきたい方法です。

f:id:yume-kashiwagi:20170729131704p:plain

以前はエアコンの機能も考えると身体の冷えすぎたりしやすく、あまりオススメしていませんでしたが、近年の夏の酷暑や建物の構造の変化などを考えるとエアコンで部屋の中の温度調節が必要となりました。うまくエアコンを使って夏の寝苦しい夜を快適にお過ごし下さい。もちろん、合った寝具は快眠のためにとても大切ですから、寝具のご相談は眠りのプロの「夢工房かしわぎ」にお気軽にどうぞ!笑

f:id:yume-kashiwagi:20170729132856p:plain

夢工房かしわぎ
神奈川県平塚市立野町17-22
☎0463-32-1568 毎週水曜日・毎月第3火曜日定休

www.yume-kashiwagi.jp


E-Mail info@yume-kashiwagi.jp